I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回) | トップに戻る | ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応 »

雑感

富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月12日

8月11日金曜日の20時前に富士登山に向け東京を出発した。これまで富士登山を例に,ある程度以上難しいことは「これをやるんだ」と決意しないとできないと話してきた。一度富士山に登りたかった。今回はGCAのメンバー6人で夜間登山しご来光を拝もうという企画だった。富士宮口の5合目に着いたのが午後23時半頃。それから頂上に向け出発した。最近長距離を走ってはいないが、富士山くらいは登れるだろうと高をくくっていた。その思いは6合目の小屋に着いたときに木っ端微塵に打ち砕かれていた。日の出までに頂上まで行く自信がまったくなくなった。

6合目まで来ればはるか彼方に7合目の小屋が見える。えっ、あそこまで登ってもまだ7合目か。富士登山を甘く見たのを後悔した。一歩一歩急な斜面を登る。あと少しで7合目だ。そしてやっとの思いで7合目に到達。そのとき、長距離のプロの本間さんから「マラソンと一緒で、立ち止まらずにゆっくりでいいから休みながら少しずつでも進むこと」との助言を得た。それを実践してみると、なるほど、確かに殆ど進んでないくらいなら疲れる量よりも休養の量の方が多いようで、少しずつ進みながら休めることが分かった。少しずつ少しずつ進みながら、8合目、9合目を経て、朝の4:15頃に山頂に到達した。足、膝は限界だった。いやぁ、これまで運動不足だったんだと実感した。

頂上に着くと殆どエネルギーを使い果たし精根尽き果ててぐったりしている若い人たちがたくさんいた。苦しかったのは私だけじゃなかったんだ。でも頂上を目指した6人全員が日の出までに登頂できたことは何よりであった。今回の富士山登頂で得たことは、「目指し続けると、目標は遠ざかることはなく確実に近づく」ということだった。得るものがとても多かった一日であった。



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja