I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 富士登山:目指し続けると目標に近づける | トップに戻る | 安倍官房長官の武器使用発言は危険 »

社会

ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月16日

8月16日早朝、ロシアの国境警備隊の警備船からゴムボートに乗り移った警備隊員が漁民を銃撃し1人が死亡し3人が連行された。武器を持たない漁民の命を奪う行為、非常に痛ましく言語道断である。ゴムボートに乗り移って銃撃したということは、ロシア側に少なくとも死んでもかまわないという未必の故意としての殺意はあったと考えるべきであろう。しかし、この重大事件に対する日本政府の反応がいかにも鈍い。

人間は、何か予期せぬ出来事があったときの初期的な瞬間的な反応にその真意が現れる。本当に怒っている人の反応、どうしていいか分からない人の反応、やっかいなことが起こったと思っているだけの人の反応・・・。今回の日本政府の反応は、本当に怒っている人の反応とは思えない。

アメリカの漁船が同じようにロシアに拿捕、銃撃され殺されていたらどうなっているか。アメリカ政府の対応は日本政府とはまったく違っていただろう。また、日本の漁船が北朝鮮に拿捕、銃撃され殺されていたら日本政府はどう反応しただろうか。瞬間的に強烈に北朝鮮に反発していただろう。

何か理不尽なことをされたときの相手に対する反応で、その相手との力関係が如実に現れる。アメリカに国自体を守ってもらっているという意識が、独立国としての自立心を弱め、アメリカの衣を借りなければ力のある外国に対抗できないという状況になっているような気がしてならない。今後の日本政府のロシアに対する迅速かつ的確な対応を期待したい。



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja