I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

雑感

出る杭は打たれるか?

2006年07月27日

今回の阪急・阪神問題で人間として学ぶことが多くあった。そのひとつが、世の中、現状に不満を抱いていて幸せそうに見える人の足を引っ張ろうという人たちがいることを実感したことだ。

なぜ幸せそうな人を叩きたがる人がいるのだろうか。それは恐らく、現状に不満を抱いている人たちが自分よりも幸せそうに見える(実際どうかは本人にしか分からない)人を引き摺り降ろすことによって自分との相対的な距離を縮めようとしているようにしか見えない。人を引き摺り降ろしても自分の絶対的な幸福度は変わらないのに悲しいことだ。出る杭を見ると打ちたくなるようだ。

しかし重要なのは、不満のエネルギーを自らの絶対的な幸福度アップにつなげられるかどうかである。不満は、現状に満足している人には絶対に出せない強烈なエネルギーを生んでくれる。前回HPで書いたように、私も現状の世の中に強烈な不満を抱いた時期が何度もあった。今不満を抱いている人たちが少しでもそれに気づいて自らのためにその不満のエネルギーを前向きに燃焼してくれることを望みたい。



雑感

苦境の効用:ピンチはチャンス

2006年07月02日

4月から阪急・阪神問題に集中し、HPの更新も全くできなかった。何が起こっていたかは外からは分からないだろうが、19年間M&A関連の仕事をしていて、私自身、今回が最も消耗した案件だった。しかしやっと、両社の株主総会も終了し、この両社が新たなスタートを切ることになった。素晴らしい私鉄グループを創られることを祈念したい。久しぶりにRandom Talk を更新することにする。

人生、出口がないんじゃないかと思うほど落ち込むことがある。今の日本の世の中がおかしいんじゃないかとやり場のない矛盾を感じることがある。少なくとも、私はそのような苦境に陥ったことが何回かあった。その内容はともかく、その苦境があったからこそ、その度に新しいことに挑戦できた。苦境に陥っていないということは、現状に満足しているということであるから、思い切って新しい世界に飛び出す動機もなく現状を大きく変えることはできない。

続きを読む



最新の記事

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

2006年07月02日
苦境の効用:ピンチはチャンス

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja