I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 監査法人は一定期間(例えば5年)以内ごとに交代すべき | トップに戻る | 若手の育成:巨人の元木選手の引退に思う »

雑感

「看板」と「実力」

2005年10月01日

「看板」を作るのは、「実力」のある人達が時間をかけてやっとできるものであろう。実力のない新参者が看板を作ることはできないし、実力があっても時間をかけないと看板は築けない。

しかし、一旦、「看板」ができると、その看板で仕事をしている人達が「実力」があるように世間からは見えてくる。ある一定以上の実力を維持できれば、実力のあった創業者達が作り上げた信用や顧客を維持できる。しかし、実力が伴わなければ「看板倒れ」となり徐々に信用や顧客を失うことになる。看板のみで判断するのは実力を見極める力を持たないからである。

「看板」のあるところに依頼して失敗しても自分の責任ではないと言い訳できるが、看板のまだない「実力」のあるところに依頼して失敗すれば自分の責任問題になる。

しかし、重要なのは失敗したときの言い訳ではなく、目的を完遂する「実力」である。伸びる企業は実力を見極める目を持つことが必要条件である。さもなくば、実績を上げられないからである。何もないところから大きなものに立ち向かい「実力」で「看板」を築き上げようとする企業を応援していきたい。



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja