I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 駒大苫小牧の優勝は取り消すべきではない | トップに戻る | 民主党の前原誠司 新代表に期待する »

社会

今回だけの可能性のある自民党の大勝利

2005年09月14日

今回の衆議院議員選挙は自民党の圧勝に終わった。政治家や政治の専門家の人達がいろいろとその勝因について語っている。しかし、勝因は明白である。今回の選挙で、もし、民主党「郵政は民営化すべきだが、自民党案は○○に問題がある」と言って、詳細の代替案を示さずともその「郵政民営化の骨組み」を示していれば展開はまったく違ったはずだ。

民主党が郵政民営化に賛成と言ってしまえば、今回の小泉さんの「郵政民営化の可否を問う選挙だ」というスローガンは使えなかった。民主党は、郵政民営化に賛成と言った上で年金等の政策論争をすべきだった。そうすれば、政策論争に持ち込め、少なくとも大敗はなかっただろう。進め方によっては接戦に持ち込めた可能性もなかったとは言えない。

確かにここまで惨敗するとは思わなかったが、郵政民営化に賛成と言わずして民主党が勝てるはずのない戦いであることは、明白であった。民主党の幹部が敗戦に驚いた表情を見せていたのにはこちらが驚かされた。

今回の自民党の大勝利は決して国民が自民党自体を支持したのではなく、小泉さんの改革に対する姿勢を支持したのである。1年後に小泉さんが退陣し後継者が改革できるのだろうか。小泉さんほどのパワーを感じる政治家はいない。もし後継者が改革を実行できなければ、次回の選挙は自民党が大敗する可能性も大いにある。改革できそうもなければ負けるというある意味で健全な選挙結果であった。

都市部の無党派層が今まで民主党支持だったのが自民党支持にまわったと言うコメントが聞かれた。それは、ただ、都市部の無党派層が現状を変えて欲しいと願っていて自民党の方が改革派に見えただけである。

いずれにせよ、行財政改革を徹底的に実行して欲しい



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja