I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 「分かりやすさ」と「徹底しやすさ」 | トップに戻る | 今回だけの可能性のある自民党の大勝利 »

雑感

駒大苫小牧の優勝は取り消すべきではない

2005年08月24日

駒大苫小牧が夏の甲子園2連覇を達成した矢先に野球部長の暴力問題が表面化した。この暴力問題がどこまで問題かは、どの程度の暴力だったかによるのかも知れないが、それを確認する術はない。仮にとんでもないひどい暴力であれば、すぐに警察に連絡されたであろうし、そこまでではなさそうだとは推測される。であればどうして表面化するのか。それは恐らく、この選手と部長との信頼関係の崩壊にあったのであろう。

優勝を取り消すべきかどうかについて議論されている。これは、基本邸には、優勝を取り消すことと、今回の暴力とどちらが重いかで決するべきではないか。取り消された場合どうなるだろう。駒大苫小牧の野球部のメンバーは、野球をずっと続けてきたこと自体も話す気にもなれないほどの傷を負うことになる。仮に京都外大西が繰り上げ優勝になったとしても京都外大西も嬉しくないだろうし、また優勝校なしとなった場合、永久にこの年の心の傷毎年夏になれば思い起こさせることになる。また、暴力を振るわれたという選手の方の傷も一生消えることはない。怪我をした訳でもなくそこまですべきなのか。

一方、取り消されなかった場合、しばらくは取り消すべきだとかいう議論がなされるであろうが、暫くすれば風化していくだろう。いずれが、罪のない選手たちにとっていいのか。明らかである。高校野球関係者の理性に期待したい。



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja