I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

« 安全性向上計画の中身に期待:JR西日本脱線事故 | トップに戻る | 会社は買われるべきなのか:三共-第一製薬合併問題 »

社会

諫早干拓工事差止め取消しは納得できるか:諫早湾干拓事業問題

2005年05月16日

5月16日、福岡高裁は、農林水産省が進める諫早湾干拓事業の工事差し止めを命じた佐賀地裁の仮処分決定を不服とした同省保全抗告申し立てで、工事差し止めを取り消し国の抗告を認める決定をしたと報じられた。

その中で、「干拓工事の差し止めを認めるには事柄の性質上、一般の場合よりも証明の程度は高くなる」とある。証明の程度が高くなるのは、主張Aと主張Bがあったときに、一般には明らかに主張Aが正しくメリットが大きいと考えられる場合に、Bを主張する人たちが主張Aは正しくないというときである。今回の場合にこれを当てはめると、福岡高裁は、主張Aが国の主張する干拓工事をすべきという主張であり、主張Bが漁民の方たちが主張する干拓工事が漁業に悪影響を与えるという主張であるといっていることになる。果たして、国の主張する、干拓工事は日本のためになって漁業に悪影響を与えないという主張の方が一般に正しそうに思えるだろうか

潮受け堤防により濁った海水を見たとき、一般人の感覚としては、干拓工事が環境を破壊しその工事自体の必要性も危ぶまれている現況で、この工事が環境を破壊し漁業に悪影響を与えているという漁民の方々の主張Bの方が正しいように思える。福岡高裁と同じ論理構成で考えるなら、国の方こそ、「国の主張が正しいことが明らかであることを明確に示さない限り工事を継続するべきでない」と考える方が一般人には納得しやすい。司法を信じて最高裁で争うべきと考える。



最新の記事

2014年12月24日
インテグラル: 日本型バイアウト市場の拡大を目指します。

2009年06月13日
本気で「郵政民営化」する気があるのか?

2006年09月13日
Random Talk一時休止について

2006年09月02日
正当防衛は当然だが、戦闘は避けるべき

2006年08月26日
安倍官房長官の武器使用発言は危険

2006年08月16日
ロシアの漁船拿捕銃撃事件:予期せぬ出来事への瞬間的反応

2006年08月12日
富士登山:目指し続けると目標に近づける

2006年08月10日
日経ネットのBiz+Plusコラム掲載(第3回)

2006年08月06日
夏の高校野球:力の上のものが勝つとは限らない

2006年07月27日
出る杭は打たれるか?

バックナンバー

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja