I think... 現在の思い

全て表示  M&A  雑感  社会  

M&A

ポスト産業再生機構(週刊東洋経済2005新春合併特大号掲載分)

2004年12月25日

投資ファンドの優勝劣敗が鮮明に、7割超が淘汰の憂き目に遭う
産業再生機構(以下、機構)の買い取り期間が2005年3月末で終了する。
「10兆円の政府保証枠、100件という買い取り目標からして、実績の金額や案件数が少なすぎる」という批判は当たらない。2年で100件というのは元々無理だし、10兆円はあくまでも保証枠の上限である。

続きを読む



雑感

「思考の尺度」について(学士会会報2004-VI No.849投稿分)

2004年12月25日

―知らぬ間に富士山に登頂した人はいない―昭和51年に京都大学工学部高分子化学科の西島安則研究室を卒業し、帝人株式会社に入社し11年間、愛媛県松山市の工場でポリエステルの重合関係の仕事に従事した。最初の3年間は三交代勤務で夜中の12時から朝8時までの夜勤が4日間続いたときのつらさ、そして朝、独身寮のベッドに入ったときの心地よさは今でも忘れることができない。製造業の現場の経験が今でも身にしみ込んでいる。その後、昭和62年にまったくの別世界である三井銀行に入り11年間東京とニューヨークでM&Aのアドバイザー業務に従事した。そして平成10年の秋にユニゾン・キャピタルというバイアウト・ファンドを5人で設立した。今でこそいくつものファンドが乱立状態にあるが、当時は、まだ日本に本格的なファンドもなく一般には無謀とも思われた船出であった。

続きを読む



M&A

ホームページ開設にあたって

2004年12月10日

帝人でのポリエステル重合の技術屋としての社会人生活を皮切りに、三井銀行(退職時さくら銀行)でのM&Aのアドバイザリー業務、バイアウトファンドであるユニゾン・キャピタルの共同設立を経て、今年の4月より一橋大学大学院国際企業戦略研究科、そして9月からはM&Aアドバイザー専門会社であるGCA株式会社での業務も本格稼動し始めました。
今後、今までにも増して、色々な方々との接点を持つことも多くなると思います。私が、今何を考え、世の中の動きに対してどう感じているかを少しでも多くの方に伝えることができ、共感いただくことができれば嬉しく思います。

佐山展生



最新の記事

2004年12月25日
ポスト産業再生機構(週刊東洋経済2005新春合併特大号掲載分)

2004年12月25日
「思考の尺度」について(学士会会報2004-VI No.849投稿分)

2004年12月10日
ホームページ開設にあたって

バックナンバー

2015年07月

2014年12月

2009年06月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

2005年11月

2005年10月

2005年09月

2005年08月

2005年07月

2005年06月

2005年05月

2005年04月

2005年03月

2005年02月

2005年01月

2004年12月

カテゴリー

M&A

雑感

社会

おことわり

このブログでは、トラックバックを歓迎していますが、トラックバック先の内容を引用して掲載させていただいたりする可能性もございます。
またその内容が掲載に不適当と判断させていただくものは予告なく削除させていた場合があります。

以上のことをあらかじめご了承いただいた上で、トラックバックしてくださいますようお願い申し上げます。

 

Syndicate this site (XML)

Movable Type 3.01D-ja