Information 講演など

商事法務「ビジネス・ロー・スクール」特別セミナー

主催:  商事法務
日時:  平成17年4月26日(火)13:00〜17:00
会場:  東商ホール
申込:  商事法務
(サイトより)
▼バブル経済崩壊後の株価低落による時価総額の減少や株式持合いの解消により,わが国においても「敵対的企業買収」が珍しいことではなくなりつつあります。▼こうした中,新年早々に起こったライブドアとフジサンケイグループによるニッポン放送の経営権の争奪戦は日本企業にとっても「敵対的企業買収」が身近で現実的な問題であることを実感させるのに十分な出来事でありました。▼しかも,ニッポン放送による新株予約権発行についての東京地裁および東京高裁の決定は,今後のわが国における敵対的企業買収への対応の実務にきわめて大きな影響を与えることは必至でありましょう。▼加えて,日本企業をターゲットとした外資投資ファンドも増加しており,今国会での成立が見込まれるグローバル化に対応した会社法の改正により,外資による企業買収が一層容易になるものと思われます。▼そこで本セミナーでは,敵対的企業買収に備え,日頃からの事前予防策,ターゲットにされた場合の対抗策,ガバナンスのあり方,等について,理論面と実務面から解説を加え,適切な予防措置および対抗措置はどうあるべきかについて,本分野に詳しい4人の専門家が解説と討論ならびに提言を行います。

産業経理協会講演

主催:  (財)産業経理協会
日時:  平成17年4月21日(木)14:00〜16:00
会場:  産業経理協会
申込:  産業経理協会
(内容) 「M&Aにおける企業評価とバイアウト:敵対的買収と防衛策」

企業再生戦略2005

主催:  マーカスエバンス
日時:  平成17年4月12日(火)11:00〜11:55(佐山担当分)
会場:  ラディソン都ホテル東京
申込:  yurik@marcusevansjp.com 03-5216-8043
(内容) 強い投資ファンドとその要件

敵対的買収とその防衛策

主催:  日興シティグループ証券
日時:  平成17年4月11日(月)16:15〜18:00(パネルディスカッション)
会場:  全日空ホテル地下1階セミナー会場
申込:  日興シティグループ証券
(内容) 敵対的買収とその防衛策

M&A実務講座

主催:  SMBCコンサルティング
日時:  平成17年4月8日(金)14:40〜17:00(佐山展生担当分)
会場:  青学会館
申込:  SMBCコンサルティング
(サイトより)
◆グローバル市場では、ますますM&Aによる企業グループの大規模な再編が加速しており、日本市場においても国内・海外企業を問わず、かつてない勢いで高まってきております。相次ぐ商法や税法の改正により、企業再編は容易に行えるようになっており、17年に予定されている商法の抜本改正においては、さらに大きなインパクトを与えるものとなります。
◆まさに、M&Aは、企業における戦略と位置付けられ、成長や再生を遂行する事業の「選択と集中」の手段として、あらゆる企業に検討の必要が迫られてきたと言えます。
◆本講座では、M&Aがどのようなものであり、どうやって判断し、どのような方法と手順で進めるのか、また、敵対的買収の防衛のために実践すべきことは何か、といった視点から、理論と実務を体系的に解説いたします。